ポジティブほどほど

todo: 健やかな毎日を目指す。ブログテーマを設定する。

2019年3月25日ネタバレ含む(注意)ケムリクサ~ep11

最終話12話を前に整理しておく。

自分の感想が最終話のあとどう変わるか楽しみだ。

 

ケムリクサ11話を観てから1話を見返すと、新たに納得することもあり、別に浮かぶ疑問もあり。edの流れはとても好きで良い。ここまでの10話まではすべてこのedのための前振りだったのでは。謎が多くもう一周1話から観そうになる。

・エンディングの演出良い

・背景の廃墟良い

・眼鏡の子やメイド服の子がかわいい(個人的見解)

・考察のしがいがある

少しずつ世界の全容が明らかになってくるのはわくわくする。その構成の仕方がこの作品の良い点である。真面目に考察ブログなんかを追っておけばよかったかなとも思う。考察読むのは好きだが、自分で考えるのは苦手なので。結局本編のみ一回ずつ観ていた。

・繰り返しの視聴と考察前提で作られている?

序盤に伏せられていることが多すぎると思った。

重要な情報を少しずつチラ見せされたり、実はこういう事なのでした!と終盤に見せられたり少し振り回されたような気がする。何者かのメモを手に入れて、それが虫食いのようになっているシーンなどがあった。あそこだけは不完全な設定資料をそのまま読まされているようで、いら立ち半分、全て書きとって考察したい気持ち半分といった微妙な心境になった。

私は物語の仕掛けに気を取られすぎて結局メインのメロディーが何なのかよく分からないまま観てしまった。テーマは姉妹愛なのか、消耗戦の中の絶望や希望なのか。はたまた世界の秘密そのものがテーマのSFなのか。私はテンポの良さやわかりやすさを求めすぎていたかもしれない。もっとじっくり味わうべきだったか。隠された要素や伏線の数々に踊らされている。良くも悪くも。