ポジティブほどほど

todo: 健やかな毎日を目指す。ブログテーマを設定する。

2019年3月25日ネタバレ含む(注意)ケムリクサ~ep11

最終話12話を前に整理しておく。

自分の感想が最終話のあとどう変わるか楽しみだ。

 

ケムリクサ11話を観てから1話を見返すと、新たに納得することもあり、別に浮かぶ疑問もあり。edの流れはとても好きで良い。ここまでの10話まではすべてこのedのための前振りだったのでは。謎が多くもう一周1話から観そうになる。

・エンディングの演出良い

・背景の廃墟良い

・眼鏡の子やメイド服の子がかわいい(個人的見解)

・考察のしがいがある

少しずつ世界の全容が明らかになってくるのはわくわくする。その構成の仕方がこの作品の良い点である。真面目に考察ブログなんかを追っておけばよかったかなとも思う。考察読むのは好きだが、自分で考えるのは苦手なので。結局本編のみ一回ずつ観ていた。

・繰り返しの視聴と考察前提で作られている?

序盤に伏せられていることが多すぎると思った。

重要な情報を少しずつチラ見せされたり、実はこういう事なのでした!と終盤に見せられたり少し振り回されたような気がする。何者かのメモを手に入れて、それが虫食いのようになっているシーンなどがあった。あそこだけは不完全な設定資料をそのまま読まされているようで、いら立ち半分、全て書きとって考察したい気持ち半分といった微妙な心境になった。

私は物語の仕掛けに気を取られすぎて結局メインのメロディーが何なのかよく分からないまま観てしまった。テーマは姉妹愛なのか、消耗戦の中の絶望や希望なのか。はたまた世界の秘密そのものがテーマのSFなのか。私はテンポの良さやわかりやすさを求めすぎていたかもしれない。もっとじっくり味わうべきだったか。隠された要素や伏線の数々に踊らされている。良くも悪くも。

2019年3月25日作品目録追加

アニメ

20190324

ケムリクサ

1~11話

英題"Kemurikusa"

制作公開2019

制作ヤオヨロズ監督たつき主演小松未可子etc

メモ:ネタバレ含む(微)

11話が良かったのでメモ。けものフレンズからの期待感で見始めた。5話くらいで途中で視聴が止まっていた。最終話前に追いついた。12話が最終話。edのindeterminate universeが気に入っていて、特殊エンディング(というのだろうか)で凝った演出で流れたのを見ていいなと思った。

間が開いたのもあり1から10話は良く分からないまま観ていた。設定やキャラの区別・名前等。6名ほどの登場人。女性キャラ(り~という名前で覚えられない)と男性の若葉というキャラ。若葉(以降漢字で書く)は記憶がないようで、前作をほうふつとさせる。情報が伏せられすぎていて、良く分からないまま進む。世界は廃墟だらけで謎のメカが襲ってくる。こちらもけもフレ的。割と淡々と戦い、廃墟を移動していくロードムービー的な流れ。やや単調に感じた。

1話が軍艦島モデルの場所を舞台としていて、世界の設定が気になった。背景の廃墟とキャラの可愛さで観ていた。情報が小出しすぎて個人的には引っ張りすぎかと思う。

別記事に続く

 

 

 

 

 

あるだろうとは思っていたが、amazon primeにはアカウントの視聴履歴がある。これによって約過去2年(2017から20190322)に観たおおかたの映画とアニメ作品名ははっきりした。リストアップはほぼ完了したようなものである。しかしテレビや他動画サイトで視聴したモノがまだある。amazonprime入会以前の膨大なリストは思い出すしかない。思い出すしかない。

・Amazonprimeリストのインポート(手動)

・0322以前を思い出す

・hulu等もチェック

 

メモ fコッポラ ドラキュラ

2019年3月23日作品・読書目録

映画

リスト追加

グラン・トリノ(字幕版)原題"GRAN TORINO"

directed by Clint Eastwood

 

メモ:序盤はスカッとジャパンかと思った。読後感が良い。アメリカ人のコミュニケートはわからない。モン族?グラントリノ

作品目録2019年3月23日

2019年3月23日

映画

PUSH 光と闇の能力者(字幕版) 原題"Push"

(2009)directed by Paul Mcguigan

amazonprimeタイトル

 

星3/5

超能力サスペンス&アクション。雰囲気はいいが盛り上がりに欠ける。複雑に見えてひねりのない内容。dakota faningとマフィアと香港が舞台の必要性は。アニメ1,2話分に縮められそう。低予算だろうか。camilla belle routh 美しい。