ポジティブほどほど

todo: 健やかな毎日を目指す。ブログテーマを設定する。

書籍・映画・アニメの記録を始める。

不定期更新。消化した作品のリストアップ。

 

・2019年3月22日以前で思い出せる限りの作品・書籍名

・2019年3月22日以降に触れたすべての作品名・書籍名

 

 

最近本をよく処分する。上等な読書はしていない。だが読書記録が必要だろう。読むのは主に小説とマンガ本だが、何を読んだのか書き留めておきたい。

 

映画とアニメも然り。ここに書き留める。

 

二十数年の読書・視聴のリストは不完全となるが、平成の次の元号に私が読んだOR観たものは確実にリストアップしたい。

 

読んだOR観たその日にメモ程度でいいので書き付けておく。編集は後からでも可能。リスト作りの方針・ルール・保存方法を明確にすべし。筆が乗れば感想メモなども併記する。たくさん見る読む以上はまとめなければもったいない。

 

 

 

リスト追加 2019年3月

 

SING(universal pictures)吹き替え版 tv放映

SING(universal pictures)字幕版 Amazonでオンライン・レンタル

 

2019年3月22日

シングルマントム・フォード監督)"A Single Man" Amazonでオンライン・レンタル

 

以上

 

 

 

 

【SAO(ソード・アート・オンライン)シーズン1のネタバレを含む感想(文句)】

【SAO(ソード・アート・オンライン)シーズン1のネタバレを含む感想(文句)】

 

原作は読んでいない。シーズン1を観た感想。観終わってから1,2週間経った。前半と後半に分けて思ったことを書いておく。

 

【観た人】

男・20代・ニコニコ動画でアニメをよく見る・prime会員・最近はバーチャルYouTuber/にじさんじにハマった。

 

【後半の感想】
後半から視聴が少し止まった。若干退屈を感じた。終盤はえい、と一気に観てしまった。
ゲーム世界から決死の脱出に成功した主人公(キリト)はゲーム内で結ばれたパートナーの少女・アスナの意識が戻るのを待っている。のだが、この時点でなぜこのガールフレンドが死んでいないのかが分からない。説明があやふやだった。後半の展開としては、生まれ変わったゲーム世界にガールフレンド・アスナの意識がとらわれていて、これを取り戻すべく、再びゲーム攻略に挑む。
原作の展開を確認せずに言う。
・主人公キリトとその恋人アスナは前半の山場で死んでいそうな描写があったのに、説明もなく生還しているように思えた。
・前半から後半でゲーム世界が様変わりして剣の世界から妖精たちと魔法の世界になるが、後半の世界に”死”がないことで緊迫感が目減りしている。

以上の点が気になった。

 

【視聴のきっかけ・視聴方法】

amazon primeにあったから。新しい続編(?)のシリーズを2018年の下旬にやっていたから。話題になっていたので。SAO(ソード・アート・オンライン)シリーズの名前は知っていたが、ライトノベル原作でアニメも長いので手をつけずにいた。バーチャル・ユーチューバーがsaoシリーズに言及していた。好奇心が勝り視聴。Amazon primeで観たが、新シリーズ(2019年1月現在)の「アリシゼーション」もニコニコ動画でチラッと観た。

 

【前半を観て】

現実逃避をしたくて前半を一気に観た。良い現実逃避ができたと思う。おもしろかった。主人公少年が剣技でゲームの世界を渡り歩く。ダンジョンを攻略してゲームクリアするのが目的。主人公が順調に強くなる。バトルものとして楽しめる。

日本の男性向けアニメによくあるハーレム展開。女性キャラが多くて、それぞれかわいい。全員主人公に惚れる。

毎話ダンジョン攻略(ゲーム世界での究極の目的である)に向けて進展がある。あるいは女性キャラとの進展がある。見どころが作ってあって飽きない。個人的に印象に残ったのは主人公が竜を討伐し鍛冶屋の少女と空を舞うシーン。

 

 

【全部見終えて】

ライトノベル原作で、主人公は圧倒的な強さのヒーローである。ヒロインたちはいわゆるハーレム展開で物語を彩る。作品自体は超有名で、類似の作品はいくらでもあるだろうが、saoの人気を超えるものはそんなにないだろう。男のオタクとしては楽しみやすい展開だった。ただこの手の作品の主人公に本当に女性ファンはいるのだろうかと疑問に思う。いるんだろうけど。続編「ソード・アート・オンラインⅡ」もとりあえず観る。

あまり関係ないが、バーチャル・ユーチューバーがこの作品に言及しているという事自体が面白いなと思った。バーチャル・ユーチューバーもSAOシリーズもVRに深く関わっており、どちらも仮想世界を舞台としている。シーズン2の序盤で、主人公キリト君がシーズン1のゲーム世界を振り返りこんなことを言う。「少なくともあの頃、あの世界は俺たちにとって仮想でもなんでもなく、本物だった」SAOの舞台は現代であり近未来でもSFでもなんでもないのかもしれないと2019年年始に思う。

 

おわり

書籍のリスト

読んだリスト。 

 

 三日間の幸福 三秋縋

わたしを離さないで カズオ・イシグロ

世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド/上下巻 村上春樹

キノの旅 Ⅰ,Ⅱ巻 時雨沢恵一

砂の女 安部公房

人間そっくり 安部公房

坂の上の雲 一巻

人間失格 太宰治

老人と海 ヘミングウェイ

パン屋再襲撃 村上春樹

二十歳の原点 高野悦子

いまさら翼といわれても 米澤穂信

コンビニ人間 村田沙耶香

追想五断章 米澤穂信

天使の囀り 貴志祐介

旅のラゴス 筒井康隆

インフェルノ 上中下巻 ダン・ブラウン

TVピープル 村上春樹

カラフル 森絵都

虐殺器官 伊藤計劃

 

そのうち、感想など書きつけていく。

 

 

あと、最近聴いて良いと思った歌。なんとなーく聞き流す。

Tom Misch - Crazy Dream [feat. Loyle Carner] (Official Video) - YouTube

 

 

シェリー

最近ハマった曲を紹介しよう。

シェリー

楽しい曲だよ!

Sherry

Sherry

  • The Four Seasons
  • Rock
  • ¥250


こっちは映画バージョン⬇︎

Sherry

Sherry

  • Frankie Valli & The Four Seasons
  • Pop
  • ¥250



3番目

本を読みました。

小説です。


三秋縋さんの

スターティング・オーヴァー。

読みやすい文章で、

一気に読み終えることができました。

内容はタイムリープ(?)もの、

とでも言えばいいのでしょうか。

題名は、同名のジョンレノンの楽曲

から取っており、曲自体も本編に登場します。

ジョンレノンを聴きながら読んでも

実に爽やかな読後感を味わえると思います。


当ブログでは
読んだ本の感想を頻繁に書いて行こうかな、と思っています。

以上!